ここがポイント!店舗解体

店舗解体なら当サイトにお任せ!

店舗の床を解体するときの流れ

店舗の床を解体するときの流れ 店舗を解体するときの流れとしてはまず解体現場の準備から始めていきますが、無造作にとり壊していいものではなく、工事現場への搬入口や共有スペースを傷付けないように養生を行います。
準備が整ったら内装の撤去を行い、内装を全て取り除いたら最後に床を撤去していきますが、床材は天井材や壁材とは違い手動では取り除くことができないため、専用工具を使って剥がしていきます。
この剥がす作業はかなりの騒音や振動が発生するので、他の店舗や会社に迷惑のかからない時間帯を狙って行います。
最後にゴミなどを取り除いて原状回復させていきますが、建物によっては工事の後に新しい壁紙を貼ったり、給排水設備の工事を行う場合もあるので、ゴミなどは残さないように気を付けることが大切です。
最終仕上げを適当に行ってしまうとトラブルに繋がってしまう可能性もあるので、どこまで原状回復させるかについては所有者と話し合いをして決めておくことが重要になります。

店舗解体の際には水道工事が必要となる場合がある

店舗解体の際には水道工事が必要となる場合がある 店舗の解体をするにあたって、水道工事が必要になるケースがあります。
これは、単なる解体のノウハウでは出来ないので、これをやることの出来る業者を選ぶ必要があります。
専門業者の中には、こうした必要な作業に全て対応しているところがあるので、そんなところなら選んで一度に全てやってもらえて無駄がありません。
スケルトン状態にするには配管を撤去することになるため、飲食店の店舗の場合などはこれが必要になるでしょう。
店舗を運営しやすいように間仕切りや座席を設置したりすることもありますが、そうした物も破壊して取り除いていきます。
電気配線や什器、照明や空調設備なども取り除く場合もあります。
どこまでやるかは契約の問題で、もともと手を加えていなかった場合はそのままでもよいというケースは多いです。
また、スケルトンにして引き渡すと契約で定めていた場合でも、オーナーがそのままで良いと言えばそのままにしていくこともできます。

新着情報

◎2020/8/20

店舗の壁を解体する流れ
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「解体 床」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 ここがポイント!店舗解体. All Rights Reserved.