ここがポイント!店舗解体

店舗解体なら当サイトにお任せ!

店舗の天井を解体するときの流れ

店舗の天井を解体するときの流れ 賃貸の店舗だと退去するときは原状回復することになり、例えば住居賃貸だと空き室クリーニングは大家の負担で行うことが殆どです。
店舗だと借手が負担することが一般的で契約書にも記載されていて、原状回復とは入居前の元の状態に戻す作業をします。
入居のときにかなり間取りなどを変更した時は、間仕切り壁以外に天井や床も解体して改修工事をします。
そのため店を新たに開店する場合も退去するときまで考えないとならず、その時にかかる費用も想定してから物件を探さないといけません。
天井の場合、スケルトンだとクロスを最初にクロスを剥がすだけでなく、ボードも全て剥がしてしまってから配線が見える状態にまでします。
借りたときに居抜き物件でも、スケルトンで返却が必要だと業者に依頼して工事をしてもらいます。
また、居抜きだとどこまでの補修作業が必要かで違い、穴が空いていたり部分的にへこんでいるならその部分の補修をします。
クロスを張っているときはそれを剥がしてからグラスファイバーなどで補修して貼り直します。

店舗解体の工事前に行わなければならない電気の取り扱い

店舗解体の工事前に行わなければならない電気の取り扱い 店舗として使用していた物件をなんらかの事情でお店をやめ、物件を管理者に返す場合は、テナントを元の状態にして返す必要があります。
店舗の解体は業者に依頼しますが電気やガス、水道などを止める措置は、それぞれの機関に停止の連絡しなければなりません。
この中でも電気の撤去の際は、あらかじめ余裕を持って電力会社に連絡します。
解体を実施する前日などに連絡をすると、機器が撤去できておらず、料金の締め日がいつなのか、工事中の電力の使用はどうするのかなど後々面倒なことになるからです。
手順としては工事開始日よりも前の5営業日には停止の連絡をして、料金メーターや配線の撤去を電力会社に依頼します。
そして工事開始前には撤去を完了し工事開始となり、工事中に使用する重機などの機器に必要な電力は臨時の配線を引いて実施し、その料金は施主が支払います。
これは原則で誰が払うかなどの交渉もでき、業者と電力会社との協議で決定することもできます。

新着情報

◎2020/8/20

店舗の壁を解体する流れ
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「解体 天井」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 ここがポイント!店舗解体. All Rights Reserved.