ここがポイント!店舗解体

店舗解体なら当サイトにお任せ!

店舗の壁を解体するときの流れ

店舗の壁を解体するときの流れ 店舗の解体でも通常と同じく内装だけの場合でも養生を設置してからでないと、工事で発生した粉塵が他の営業中の店に被害を及ぼしたら大きなトラブルになります。建物内で営業・生活をしている方のことを考えながら万全の対策をしないといけません。エレベーターや階段などの共有スペースは廃棄物などの搬出路になるので、解体後でも問題なく利用出来るようにここも養生をします。
養生を設置してから壁紙・電気・ガラス・ドアなどの内装材を撤去し、ここで大事なのが分別で電気を取り出すときは蛍光灯と安定期だと分別方法が違い、人に影響を及ぼす物質を含んでいる可能性もあるので十分に注意して作業をします。店舗の壁紙を剥がすときは粉塵が起きやすいので、マスク・ゴーグルをして吸引しないように作業を行います。ドアなど今後使う物と、処分しない物は保護シートで覆って慎重に保管して依頼主へと返します。その後、床材を使っているときはそれを剥がして、貼り床材も多数の種類があって素材によって使う接着剤や糊も異なるのでそれにあわせて行っていきます。

店舗の解体で壁紙を剥がす場合のメリット

店舗の解体で壁紙を剥がす場合のメリット 店舗のスケルトン解体だと天井や壁紙も全て剥がして撤去しますが、テナント内の残置物が無くなってから剥がし作業をします。工事の後に内装施工工事を行うときは内装デザインによってはそのまま残ることもあり、工程表などを確認しておく必要があります。店舗だと壁に汚れが付着していたり、古くなって変色など使えないことが多いです。最新のものだと汚れが付着しにくく落としやすい機能が備わっていたり、カビやウイルスの繁殖を抑えたりと色々な機能を備えたものへ変えることも出来ます。
古いままだとそのような機能を持っていることが少なく、古いものから新しいものへ変えることでリニューアルする場合や次の入居予定のテナントもお手入れが楽で、店のイメージに合った物も選べます。壁の汚れや臭いなどは全体の雰囲気も悪くして、他の部分を綺麗にしても全体が暗く感じるのは壁に蓄積した汚れが原因となっていることもあります。汚れや臭いは長い運営の中で少しずつ蓄積され、クリーニングだけだと完全に落とすのは難しいです。汚れないと感じても実は見慣れているだけで、解体して剥がしてから新しくすると清潔感もあって明るい空間になって臭いも解消されるので気持ちよく開店が出来ます。

新着情報

◎2020/8/20

店舗の壁を解体する流れ
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「解体 壁」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 ここがポイント!店舗解体. All Rights Reserved.